医療業界といえば、人々の健康にかかわる業界です。

「人の役に立つ仕事に挑戦してみたい」
「やりがいのある仕事に就きたい」

そんな気持ちから医療業界に興味を持つ方は多いのではないでしょうか?

人はけがや病気になったら、景気の良し悪しに関係なく医療機関で治療を受けます。
そのため、医療業界は景気の影響を受けにくく、比較的安定した業界であるともいわれています。

医療業界の中でも様々な職種がありますが、他の業界から医療業界に転職する場合、前職の経験の活かしやすさでいうと「営業職」での転職はおすすめです。

そこで今回は、医療業界の営業職の種類について詳しく解説していきます。

目次

医療業界の営業職ってどんな種類があるの?

医療業界の営業職には、大きく分けて「医療機器営業」「MR(医薬情報担当者)」の2種類があります。

それぞれの違いや仕事内容、特徴について解説していきます。

医療機器営業

医療機器営業は、病院やその他医療機関に対し、医療機器を提案したり製品の導入や運用のサポートをしたりする仕事です。
医療機器を販売するだけでなく、医師に対して取り扱いの説明や情報提供を行ったり、実際の手術に立ち会ってサポートをしたりする場合もあります。

仕事内容

医療機器を製造するメーカーと、販売するディーラーとで仕事内容は異なります。

メーカー

自社製品の販売・運用サポートをするために病院などの医療機関に売り込みを行います。
ディーラーへの販売を行うこともあります。
そのため、自社製品の知識をしっかりと身に着けておく必要があります。

ディーラー

複数のメーカーの製品を販売するのがディーラーです。
メーカーと同様に病院などの医療機関に対して販売を行いますが、複数のメーカーの製品を取り扱うため、幅広い知識が必要です。
また、伝票のやりとりや価格交渉などの業務を行うこともあります。

商品の種類

医療機器には、目的や用途などの種別によって政令で定められた分類があります。

診断系医療機器

診断系医療機器とは、患者さんを診断する際に使用する医療機器のことを指します。
画像診断システム、画像診断用X線関連措置及び用具、生体現象計測・監視システム、医用検体検査機器、施設用機器など様々な機器が挙げられます。

MRIやCTなど、診断系医療機器は大型で単価が高いものが多く、中には数千万円から数億円のものもあります。そのため、即決で購入してもらえるケースは少なく、導入してもらうには地道な信頼関係の構築がとても重要です。

診断系医療機器を扱う場合、医師への売り込みはもちろん、経営層やトップ層に対する予算提案など、コンサル業に近い仕事を行うことも多いです。

治療系医療機器

治療系医療機器とは、患者さんを治療する際に使用する医療機器のことを指します。
処置用機器、生体機能補助・代行機器、治療用又は手術用機器、鋼製器具など様々な機器が挙げられます。
身近な例だと、インプラントやステントなどが該当します。

治療結果に直結する製品であるため、手術の立ち会いや医師へのサポート業務までを行うことが多いのも特徴です。
売り込み以外の場面でも医師などの医療従事者と接する機会が多く、信頼関係の構築が不可欠です。

その他医療機器

診断系医療機器と治療系医療機器のどちらにも該当しない医療機器は、「その他医療機器」として分類されます。 

具体的には、歯科用機器、歯科材料、眼科用品及び関連製品、衛生材料、衛生用品及び関連製品、家庭用医療機器などが挙げられます。

その他医療機器を扱う場合、眼科や歯科などを担当するケースも多いです。

MR(医薬情報担当者)

MRは「Medical Representatives」の略で、製薬会社やCSO(医薬品販売業務受託機関)などに所属する営業担当者のことです。
医療機器営業とは違い、医薬品のみを扱います。

医師や薬剤師などの医療従事者に対し、自社医薬品の適正な使用と普及のために情報提供を行います。
自社製品の優位性を理解してもらい、最終的な購入を増やす必要があるため、医療・医薬品に関する専門知識のほか、コミュニケーション能力も必須です。

仕事内容

医師や薬剤師をはじめとした医療従事者が求める医薬品の情報を正しく伝えることで、実際の処方につなげるのがMR(医薬情報担当者)の仕事です。

一般的な営業職とは異なり、商品である医薬品を直接病院や薬局などの顧客に販売することはありません。
また、医薬品の価格は「薬価」として国で定められているため、値引きをすることもできません。

医薬品は人の命にかかわるものであるため、医薬品の有効性はもちろんのこと、安全性や副作用の情報、疾病に関わる最新情報など多岐にわたる情報を適切に提供する必要があります。

一方で、MR(医薬情報担当者)も営業職のため、会社から一定の売り上げ目標を課せられます。目標を達成するためには、より多くの医療従事者に自社の医薬品の良さを理解してもらわなければなりません。

MR(医薬情報担当者)は、所属している企業によって「製薬会社のMR」と「CSO(医薬品販売業務受託機関)のコントラクトMR」の2種類に分けられます。

製薬会社のMR

製薬会社に所属して医薬品などの情報提供を行う仕事です。
一般的な疾患向け医薬品を扱う企業だけでなく、がんや免疫疾患、HIVなど、専門性の高い分野に特化した製薬会社もあります。

CSO(医薬品販売業務受託機関)のコントラクトMR

CSOは「Contract Sales Organization」の略で、製薬会社から営業部門のアウトソーシングを受ける企業のことです。
開発部門や品質管理の部門は存在しませんが、営業としての仕事内容は製薬会社のMRと変わりません。
ただ、営業に特化しているため、製薬会社のような配置転換の可能性はなく、営業職に限定して働くことができます。 

MR認定資格とは?

MR認定資格は、MR認定センターが行うMR認定試験に合格することで得られる資格です。
MRを育成するために導入された試験で、製薬会社で行われるMR導入教育を客観的に評価できます。
そのため、MRとしての資質を客観的に測ることができる重要な基準となっています。
多くの製薬会社でMR認定資格の取得が義務付けられています。

MR(医薬情報担当者)を目指す場合は、MR認定資格の取得を視野に入れて準備してみてください。

まとめ

医療業界は人の命や健康に深くかかわる仕事のため、営業においても責任感の強さや伝える情報の正確さが求められます。

また、営業職としては会社の売り上げの目標を達成していかなければならないため、高いコミュニケーション能力や豊富な専門知識も必要です。

医療業界の営業は決して楽な仕事ではなく、業界ならではの難しさがありますが、その分やりがいを感じやすく、スキルアップも期待できます。
営業職という括りの中にも様々な種類があるので、自身のこれまでの経験や強みを活かすことのできる職場がきっとあるはずです。

医療業界で働くことによって、自分の仕事が誰かの命を救うことにつながるかもしれません。

責任感があり人の役に立ちたい方
営業スキルやコミュニケーション能力に自信のある方
安定した業界に身を置きたい方

ぜひ思い切って挑戦してみてください!

転職はエージェントを使って、有利に進めよう!

「転職したいけど、忙しいし時間がない」
「本当に自分を必要とする会社があるのか」
「キャリアアップはしたいけど、どういうキャリアがあるのかはイメージが付かない」
「もっとレベルの高い会社へ行きたいが、どういう選択肢が良いのか」
はっきりとした転職の考えをお持ちの方も転職をすべきかどうか悩んでいる方も、どんな選択肢があるのか一緒に探すところからサポートさせていただきます。
まずはお気軽にご相談いただければ幸いです。

〇書類作成のお手伝い
〇キャリアのお悩み相談
〇企業のご紹介
〇面接対策

全て無料でサポートいたします。

まずはお気軽にご相談ください!

    *必須